2017年02月08日

「元AKB」とゆう肩書き。昔の栄光よさらば!もう肩書きいらね⁉ 「元AKB」たちが主役級の大活躍を続けてる

AKBとゆう大看板、大肩書きが外れると、とたんに芸能活動が収縮してしまう子もいれば、「元AKB」そんなの関係ねー、と言わんばかりに、活躍する子もいるようで。


事務所の働きかけとか周りの協力もあったりしますが、
チャンスの前髪を掴んでいく姿勢、
もっと言うと自分でチャンス・機会を創出していける子が、
活躍していそうですよね。


舞台の話しが起こったら、まず、やるかやらないかっていうのがありますが、その前に自分の希望として、やりたいとゆう思いがある子、自分から希望を伝えて、周りに協力してもらえる子が、「元AKB」とゆう肩書きに固執せずにやっていけるんじゃないかと、そんな気がしますね。


後、当たり前かもしれませんが、日々のお稽古やレッスンから逃げない子ですかね。


まあ、この辺は、AKB時代から培われてきたと思いますので、問題ないかと思いますが。


ビジネスやネットビジネスに置いても、「元AKB」の肩書きに固執せずに、過去の栄光をすがりつかずにやっていく姿から学べることはたくさんありますね。


周りの協力を得る前に、自分の希望を固める作業がまずあって、周りの協力を得たり、自分で努力しながら、事業を展開していくとゆう流れは一緒です。


なかなかまったく新しい分野に挑戦するのは大変だったりしますが、時と場合によっては、今までとはまったく畑違いの分野に挑んだ方がいい結果が出る時もあったりします。


それには、自分の希望や思い、目標や目的、個性や強みが大きく関わってきます。


ここを外すと、過去の肩書き、過去の栄光にとらわれたり、新しいチャレンジにおいても、過去からの流れに足元をすくわれたりします。


はっきりと、新しいチャレンジ、新しい行動を自分で描ける人は、特に必要ないかもしれませんが、漠然としている人、ぼんやりとおぼろげな人には、「ネオ肩書き」がナビの役目を果たします。



役職や上下関係を表す「旧肩書き」から、自分の個性や強み、在り方を示す「ネオ肩書き」へ

「たかが肩書き、されど肩書き」



出典:
https://matome.naver.jp/m/odai/2148495368728253901


記事が面白かった方、
役に立った方、
応援するって方、
こちらポチッと
お願いします!



コーチングランキングへ


特別レポート(「オリジナル肩書き・キャッチコピーで周りと差別化を図る」が特典で付いてきます。)
オリジナル肩書き・キャッチーコピーのメルマガ
ラベル:舞台 AKB
posted by とっぽん at 18:22| Comment(0) | 有名人・著名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

「芥川賞作家」とゆうのも肩書きみたいなもの!?「作家」と「バンドボーカル」、媒体は違えど方向性は一緒か!?

このまとめを見ると、割りかし「作家」と「バンドボーカル」両方やっている人って結構いるんだな、とゆう感じがしますが、

表現媒体は、「文字」と「音声」の違いはあれど、
内側から湧き出てくるものを表現するとゆう行為、表現欲求的には同じなのではなかろうかと、そんな気がいたしました。


内側にあるものを、「文字」で出すか、「音声」で出すか、の違いだけで、大切なのはどう感じたのか、それをどう表現するのか、とゆう感性ではないかと。


売れるには、広告とかマーケティングなんかの要素も関係してきますが、まずは自分の感性を磨くのが、こうゆうエンタメ業界で生きていく人たちのベースでないかと、そしてそれをリソースとしてビジネスの種として活用し育んでいくとゆう感じでしょうか。


「作家」にしろ、「バンドボーカル」にしろ、肩書きが先とゆうよりかは、自分の感性の向くままただひたすら動いていたら、結果的にいつのまにかそうなっていたとゆう流れに近い気がします。


「作家」とか「バンドボーカル」とか、エンタメ、芸能業界での仕事は、思いっきり自身の感性で勝負ですし、自己ブランドを使える仕事ですから、
肩書きにとらわれると、肩書きが自身のエンタメ界、芸能界での活動に対して、足かせとなってしまうこともでてきそうですよね。


しかし、世界観てゆう芸名、どうなんでしょう?

観がつく有名人と言えば、横山大観か、尾崎世界観か、と言われるようになる日がいつかくる!?のかもしれません。


出典:
https://matome.naver.jp/m/odai/2146638456456162001?page=1


記事が面白かった方、
役に立った方、
応援するって方、
こちらポチッと
お願いします!



コーチングランキングへ


(特別レポート「オリジナル肩書き・キャッチコピーで周りと差別化を図る」が特典で付いてきます。)
オリジナル肩書き・キャッチーコピーのメルマガ
posted by とっぽん at 01:41| Comment(0) | 有名人・著名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

本業は一体どれ?本田圭祐の肩書きが多すぎる件

さっきまでなんのブログにするのか未定でしたが、

今回から、肩書きやブランディング、キャッチコピーの大百科事典的、ポータルサイト的ブログを目指してゆこうと決定しました。

特に、私が提唱するオリジナル肩書きやキャッチコピー自体が、
あなたの望む新しいライフスタイルや時代や職業に向かっていくときに必要な道しるべ・灯台となりますし、
自分のUSPとなりますから、ビジネス上で優位に働き、
集客や販売を後押ししてれて、他と差別化することができます。

こちらのオリジナル肩書きやキャッチコピーについてもちょくちょく話してゆきますので、お楽しみに!


それでは今回のタイトルに関する内容に移ってゆきたいと
思います。


http://956rrr.up.seesaa.net/image/image.jpeg


本田圭祐といえば、スペインリーグのあの超一流クラブ、ACミランに所属し、
日本代表のエースストライカーでもあるわけですが、
サッカー以外でもいろいろなところで、その才能をいかんなき発揮しているようです。

最近、地上波のTVで、タイやオーストリアの2部リーグのクラブチームのオーナーとして経営に携わったり、
選手たちに指導しているシーンを見たのですが、現役選手がクラブチームのオーナーとして経営に携わるのは、ヨーロッパや南米の選手でも珍しいのではないかと思います。

まあ、本田選手としては、経営で儲けたいというのはそんなになく、なにか恩返し的なものかもしれませんが。

ビジネス的、マーケティング的感覚としては、自分が今までやってきた経験や経歴に基づいているので、そこらへんはさすがしっかりと押さえているなとゆう感じです。

現役のプロスポーツ選手、それもACミランという超一流クラブの選手が、研究員も兼ねるというのも新しいですよね。

研究員というと、一日中研究室にこもって、もくもくとビーカーを眺めたり、
数式とにらめっこしたり、文献を読みあさったりというイメージをなんとなくしがちですが、練習や試合で汗を流すのがいい研究につながるという、
なんかちょっと羨ましい研究のあり方だと思います。

現役と引退後という違いはありますが、
あなたの声が聞きたいという意味において同じなのが、
ヒデこと中田選手です。

中田選手は、現役時代、空港から出てくると、
なかなか奇抜なファッションをしていて、
ワイドショーなんかでとりあげられていましたが、
そこらへんのセンスなんかも東ハトの経営に活かされているのではないでしょうか?
なんといっても社外取締役ですから。


どことなく本田選手と中田選手、服のセンスが似てるような気がするんですが、気のせいでしょうか?

もしかしたら思考回路や発想も似てたりして。

国連の大使関連の肩書きは、グローバルさはあるんですが、なんだかちょっと抽象さが濃いような気がします。

まあ、グローバルな活動にはこれくらいがちょうどいいのかもしれません。

今回の本田選手のようにすでに名が知れ渡ってる場合は、たいして肩書きが意味をなさないとゆうか、肩書きが自身のOSや道しるべになる役割をあまりしめなさそうですが、気持ちの切り替えのスイッチボタンにはなるのかもしれませんね。


出典: https://matome.naver.jp/m/odai/2146962339171107801?page=1



記事が面白かった、
役に立った、
応援する、
そんなあなたは
こちらをクリックして
ください。




(特別レポート「オリジナル肩書き・キャッチコピーで周りと差別化を図る」が特典で付いてきます。)
オリジナル肩書き・キャッチーコピーのメルマガ
posted by とっぽん at 00:30| Comment(0) | 有名人・著名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
占いランキング(星座)
提供元:みんなの電話占い
占いランキング(血液型)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。