2017年02月08日

「元AKB」とゆう肩書き。昔の栄光よさらば!もう肩書きいらね⁉ 「元AKB」たちが主役級の大活躍を続けてる

AKBとゆう大看板、大肩書きが外れると、とたんに芸能活動が収縮してしまう子もいれば、「元AKB」そんなの関係ねー、と言わんばかりに、活躍する子もいるようで。


事務所の働きかけとか周りの協力もあったりしますが、
チャンスの前髪を掴んでいく姿勢、
もっと言うと自分でチャンス・機会を創出していける子が、
活躍していそうですよね。


舞台の話しが起こったら、まず、やるかやらないかっていうのがありますが、その前に自分の希望として、やりたいとゆう思いがある子、自分から希望を伝えて、周りに協力してもらえる子が、「元AKB」とゆう肩書きに固執せずにやっていけるんじゃないかと、そんな気がしますね。


後、当たり前かもしれませんが、日々のお稽古やレッスンから逃げない子ですかね。


まあ、この辺は、AKB時代から培われてきたと思いますので、問題ないかと思いますが。


ビジネスやネットビジネスに置いても、「元AKB」の肩書きに固執せずに、過去の栄光をすがりつかずにやっていく姿から学べることはたくさんありますね。


周りの協力を得る前に、自分の希望を固める作業がまずあって、周りの協力を得たり、自分で努力しながら、事業を展開していくとゆう流れは一緒です。


なかなかまったく新しい分野に挑戦するのは大変だったりしますが、時と場合によっては、今までとはまったく畑違いの分野に挑んだ方がいい結果が出る時もあったりします。


それには、自分の希望や思い、目標や目的、個性や強みが大きく関わってきます。


ここを外すと、過去の肩書き、過去の栄光にとらわれたり、新しいチャレンジにおいても、過去からの流れに足元をすくわれたりします。


はっきりと、新しいチャレンジ、新しい行動を自分で描ける人は、特に必要ないかもしれませんが、漠然としている人、ぼんやりとおぼろげな人には、「ネオ肩書き」がナビの役目を果たします。



役職や上下関係を表す「旧肩書き」から、自分の個性や強み、在り方を示す「ネオ肩書き」へ

「たかが肩書き、されど肩書き」



出典:
https://matome.naver.jp/m/odai/2148495368728253901


記事が面白かった方、
役に立った方、
応援するって方、
こちらポチッと
お願いします!



コーチングランキングへ


特別レポート(「オリジナル肩書き・キャッチコピーで周りと差別化を図る」が特典で付いてきます。)
オリジナル肩書き・キャッチーコピーのメルマガ
ラベル:舞台 AKB
posted by とっぽん at 18:22| Comment(0) | 有名人・著名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

「芥川賞作家」とゆうのも肩書きみたいなもの!?「作家」と「バンドボーカル」、媒体は違えど方向性は一緒か!?

このまとめを見ると、割りかし「作家」と「バンドボーカル」両方やっている人って結構いるんだな、とゆう感じがしますが、

表現媒体は、「文字」と「音声」の違いはあれど、
内側から湧き出てくるものを表現するとゆう行為、表現欲求的には同じなのではなかろうかと、そんな気がいたしました。


内側にあるものを、「文字」で出すか、「音声」で出すか、の違いだけで、大切なのはどう感じたのか、それをどう表現するのか、とゆう感性ではないかと。


売れるには、広告とかマーケティングなんかの要素も関係してきますが、まずは自分の感性を磨くのが、こうゆうエンタメ業界で生きていく人たちのベースでないかと、そしてそれをリソースとしてビジネスの種として活用し育んでいくとゆう感じでしょうか。


「作家」にしろ、「バンドボーカル」にしろ、肩書きが先とゆうよりかは、自分の感性の向くままただひたすら動いていたら、結果的にいつのまにかそうなっていたとゆう流れに近い気がします。


「作家」とか「バンドボーカル」とか、エンタメ、芸能業界での仕事は、思いっきり自身の感性で勝負ですし、自己ブランドを使える仕事ですから、
肩書きにとらわれると、肩書きが自身のエンタメ界、芸能界での活動に対して、足かせとなってしまうこともでてきそうですよね。


しかし、世界観てゆう芸名、どうなんでしょう?

観がつく有名人と言えば、横山大観か、尾崎世界観か、と言われるようになる日がいつかくる!?のかもしれません。


出典:
https://matome.naver.jp/m/odai/2146638456456162001?page=1


記事が面白かった方、
役に立った方、
応援するって方、
こちらポチッと
お願いします!



コーチングランキングへ


(特別レポート「オリジナル肩書き・キャッチコピーで周りと差別化を図る」が特典で付いてきます。)
オリジナル肩書き・キャッチーコピーのメルマガ
posted by とっぽん at 01:41| Comment(0) | 有名人・著名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

上司、先生...目の上の人に頭が上がらない「肩書き症候群」とは?肩書きにも「顕在」と「潜在」がある!?

私が提唱する、その人の個性や強みを反映し、その人自身がビジネスマンとして、またはビジネスウーマンとして、はたまた、その人自身として
生きていく道しるべや宣言でもある「オリジナル肩書き」。


「温故知新」じゃないですけれど、
「従来の肩書き」を見直すことが、
これから必要とされる「新しいタイプの肩書き」を見ていくことに重要な役割を果たすと思っています。


そうゆうわけで、今回は、
「従来の肩書き」にまつわるお話を
してみたいと思います。


この記事を目にしてまず思ったことは、
「お気に入り」数が多いな、
とゆうことです。

見につまされる人が多いとゆうことでしょうか?
実際にまた自分の身に起きたら
読み直そう、とゆう意思の表れかも
しれませんね。


議員、弁護士、医者などのいわゆる士業の人たちに緊張するとゆうのは、出典では幼少の頃の体験を挙げられていますが、家族やまわりのこの人たちは偉い人だとゆう声や接し方が、知らず知らずの内に自分の中で形成されてしまった、とゆうこともあるでしょう。


ビジネス上で出会う、「長」がつく人たち、いわゆるお偉いさんに対して緊張するとゆうのは、下手をすると生活のベースである給料に影響してくるかも、とゆう思いが無意識のうちに働いているからなのかもしれません。


副業を禁止しているところがまだまだ多い現状でしょうが、最近、副業を許可する会社が増えてきました。


このチャンスを活かして、仕事関係のお偉い方にビクビクしないように、またいつクビになってもいいように、はじめはお小遣いを増やすみたいな感覚で始めて、大きくしてゆくとよいでしょう。


副業で収入を得れるようになって、給料を超えてしまえば、下手におそれたり卑屈になることなく、堂々と爽快に振る舞えるようになります。


あなたの副業からの稼ぎを、ビジネスを、ぐっと後押しするものが、「オリジナル肩書き」なのです。


趣味や週末のレジャーの場面でも、どうしても仰々しく偉い人ズラしてしまう、上から目線でしか接することが出来ない人とゆうのは、そうゆうキャラクターしかその人の中になかったり、それが一番居心地がいいとゆうことの表れであるのかもしれません。


まあ、本当に本当に偉い人とゆうのは、逆に偉そうに見えないようにあえてする茶目っ気があったり、
偉そうに振る舞っている自分がなんだかダサく見えたり、
そんな一面があったりするものです。


幼少期の体験が大きく作用するとゆうのは、「権威ある肩書き」の人への反応だけではなく、さまざまな物事へ作用することは、あなたもご存じかと思います。


例えば、全部が全部ではないですが、虐待を受けて育った子どもは、さんざん自分があんなに虐待に苦しんだにもかかわらず、それを自分の子にしてしまったりする話しを、あなたも一度は聞いたことがあるでしょう。


私はこれが子どもながらに不思議でした。


なぜ、さんざん嫌な思いを直接体験して来て、そのつらさが身に沁みこんでいるのにもかかわらず、我が子に同じことをしてしまうのかが?


いまだによくわかっていないんですが、
「お金」に「負債」があって、そこから「(定期的な)支払い」があるように、
「心」にも「トラウマ」があって、そこから「(定期的な、無意識的な)悩み・苦しみの発散」が来るのではないかと。


「お金」が、「(定期的な)支払い」をして、「負債」を減らしていくように、借金を解消していくように、
「心」も「(定期的な)悩み・苦しみの発散」をして、「トラウマ・心の傷・心の痛手」を減らして、解消していく
のではないかと。


いわば、「キャッシュフロー」ならぬ「心のフロー」とでもいいましょうか。


お金に、資産や負債からの「流れ」があるように、
心にも、幸せ体験とゆう名の資産やトラウマとゆう名の負債からの「流れ」
があるとゆうことですね。


「流れ」はあくまでも、「現象」であり、その流れの「原因」である負債にどうアプローチしていったらいいのかが、次の内容になります。


話しを「権威ある肩書きを持った人への対応」に戻しますが、
どうやって「権威ある肩書きを持った人に対応」すればいいのか?


心の負債をどうやって解決していったらいいのか?


出典では思い方や考え方を変えることが挙げられてますが、
なかなか心身に沁みこんだものを変えるのって大変ですよね。


ですが、例えばオレンジジュースに水を注ぎ続ければ、いつしか水になるように、一回一回新たな見方考え方で「権威ある肩書き」の人へ接し続けば、いつしかそんなに緊張しないでいられるようになるのかもしれません。


「誰がいったか」ではなく「何をいったか」。


簡潔ですがいい言葉ですね。


「シンプル・イズ・ベスト」とはこのことですね。


「社交不安障害(社会不安障害)」ですか、これもある意味、病気の肩書きと言えるのかもしれません。


肩書きがついていると、なにか社会的に認知されるみたいな、そんな感じでしょうか。


病名とゆう名の肩書きがつけば、あ、病気なんだな、と認識されて、自分自身でもなにか一安心で、いろいろと症状が出ているのに原因不明だと、わかってもらえなかったり、自身自身でもなにかと不安みたいな、そんな感じでしょうか。


ビジネス上の肩書きも、病名とゆう名の肩書きも、その人を表すものであることには違いないけれど、それが全てではなく、その人自身でもまだわかっていない、表に表れてこない面がたくさんあるとゆうことです。


「意識」に「顕在意識」や「潜在意識」があるように、
「肩書き」にも「表面肩書き・顕在肩書き」と深ーいところにあってまだ表に出てこない「深層肩書き・潜在肩書き」があるのです。



出典:
https://matome.naver.jp/m/odai/2138094899425816701


記事が面白かった、
役に立った、
応援する、
そんなあなたは
これ押してください


コーチングランキングへ


(特別レポート「オリジナル肩書き・キャッチコピーで周りと差別化を図る」が特典で付いてきます。)
オリジナル肩書き・キャッチーコピーのメルマガ
ラベル: 権威 潜在 顕在
posted by とっぽん at 18:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
占いランキング(星座)
提供元:みんなの電話占い
占いランキング(血液型)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。